FC2ブログ
「気管虚脱」の手術を受け 完治したクッキー+ 14ワンズとのハチャメチャ日記♪遊ぶ時も寝る時もいつも一緒♪
http://yokidaisuki.blog86.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

プロフィール

アンぽん

Author:アンぽん
ヨーキー13 と Mダックス2 の大家族♪
家中みんなヨーキーが大好きで、
あっという間に家族が増えて。。
大変なことも多々あるけれど、
この子達の存在がすべて帳消しにしてくれる。
そんな毎日を記録に残していきたい。
`ヨーキー大好き!!`
追記 2019/10現在 8ヨーキーになってしまいました。
 チップ ♂ 2001・6・3~2015虹の橋へ
 ジーナ ♀ 2000・8・19~2016虹の橋へ
 シナモン ♀ 2002・12・16~2012・12・4虹の橋へ
 モカ ♀ 2003・3・3~2013・3・5虹の橋へ
マロン ♀ 2003・3・22
 シュガー ♀ 2004・1・27(チップとシナモンの子)2017・10虹の橋へ
  みるく ♀ 2004・1・27(チップとシナモンの子)2020・3/25虹の橋へ
クッキー ♂ 2004・12・7
 くるみ ♀ 2004・7・15~2014虹の橋へ
 ノエル ♂ 2005・8・25~2013虹の橋へ
 アンジェ ♀ 2006・10・22~2013・10・9虹の橋へ(ノエルとマロンの子)
クララ ♀ 2007・4・17
ティモシー ♂ 2008・10・8
 ポッキー(Mダックス)♂ 2001・09・13~2014・1・2虹の橋へ
 チョコ(Mダックス)♀ 2001・7・23~2019/3/30虹の橋へ
 こなつ(雑種) ♀ 1993・4~2003・11虹の橋へ
めい ♀2012/7/
あんず ♀2013/11/22
あずき ♀2013/11/20

M-dachs Watch(G)

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

いつでも里親募集中

Topへ戻る

2010.11.29/ 10:50(Mon)
くるみが入院。

元気一杯で食欲旺盛。

いつもと全然変わりがないくるみ。

でも太ったの????と思うくらいにこの4,5日で抱き上げるとずっしりと来る。

おかしい・・・・

妊娠してるなんてあり得ないし。。。妊娠している時を思い出させるほどお腹が張ってる。

速効病院へ走った。

エコーでの診察。

やっぱり心配していたとおり 腹水が溜まっていた。

原因・・・肝臓?心臓?

血液検査の結果、肝臓の数値が悪く、タンパク質の数値も。。。

血液中から栄養が流れ出ているとのこと・・・

このままだと取り返しがつかなくなると・・・先生。。

即入院して栄養補充と利尿剤と投与して安定させてから肝臓の処置になるようだ。

昨日面会に行くと、

いつもと変わらず元気に動き回っているくるみ。

まだ腹水はそんなに減っていなかった。

私が行くとケージのなかを走り回るんで、点滴の針が抜けたら大変。

1,2分で退散。。

良くなる方向へ進んでくれれば、、
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
2010.06.02/ 18:24(Wed)
5月の20日、モカを遊ばそうとケージから出すと
発作を起こしました。
いつもの発作で、しばらく抱いていました。

でもいつもとの様子と違うのが、モカの顔を見てわかりました。

目の横がどうも怪我をしてる。

まさか シナモンがモカを・・・・・・

ケージの中で怪我・・・・・

喧嘩をするわけもないし、ケージの中には血痕もないし・・・・・・

でも明らかに モカの左目が腫れてる。

慌てて病院へ。

目の横は毛がくしゃくしゃで、粘液で固まっていて

怪我のような傷は一つもなくって、一体どうしたんだろう。。。。

先生が固まった毛を取り除くと、おできのようなものが破れた跡が残ってました。

当時の画像はあまりにもグロテスクだったので投稿は辞めました。

今では傷も癒えたのですが、毛がすっぽりと抜けてしまった。・゚・(ノД`)・゚・。

20100601 162

破れた傷は治ってるようで・・・・どこが破れてたのかもわからないほど治りは早かったんだけれど・・・20100601 163

原因・・・・・やはり腫瘍が破れたとのことだったのですが、検査の結果は良性で

ほんとに何が起こるかわかりません・・・・・・

モカが治りホッとしてると・・・・

キッチンに大きな水たまりが~~~~~~~~~~~~。・゚・(ノД`)・゚・。

犯人はチョコ。

トイレまで行けなかったんだ。

もしかして、またヘルニアが出たの~~~~~~~~~~!!??

案の定、部屋の隅っこでズ~~っと同じ姿勢でいるやん。

またまた病院へ!!

先生によると、今年はずるずるとヘルニアで通院してくる子が多いとのこと。

これだけ寒暖の差があると人間でも辛いもの・・・

チョコは注射1本で帰ることが出来ました。



注射をした次の日にはチョコちゃん復活!!

モカとチョコのおかげで、5月の2週末が

病院の往復で過ぎていきました・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。






 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
2010.03.26/ 10:52(Fri)

マロンの様子がおかしい・・・・・
しきりに自分の乳首をなめてる。
お腹を見ると・・・・・乳腺が腫れてる~~~~~~~~~



ヒートはとっくに終わってるし、妊娠してるはずもないし・・・・・
慌てて病院へ

元気がないわけでもなく、食欲もあるし
見たらわかるように、乳腺がぼこぼこに張ってる。
エコー・・・人間と同じように見るんですね。
エコーで見ると 子宮には何の異常もないと・・・・

ワンコの排卵期は長いようで、それに伴いホルモンも過多に出て
初期のホルモンが出終わると
また次に違うホルモン・・・(聞いたのですが、何の事やらわからんままと言うか必死でエコーを見ていたので聞き逃しました)
が出てるそうです。
その結果、こういう事が起こる・・・と。
乳首をなめて刺激を促さないようにと、服を着用。

しばらく様子を見ることとなりました。

2006_1222(034).jpg

マロン、窮屈だろうけど我慢して・・・・ね♪

 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
2009.06.18/ 13:06(Thu)
アトム動物病院の米澤先生から、返事が来ました。
「クッキーは重篤だけれど、手術は可能です」・・・・と。
ほっとしたのと同時に、涙が・・・・

ただ、クッキー自身が1度で済む手術ではなく、思っていたとおり2度の手術が必要です。
普通に抱き上げ抱っこすると胸がおさわって息が出来なくなるまでになっているし、
いつ呼吸困難になってしまうかわからないし。
もしも・・・という不安もあります。
でもクッキーの苦しみを取り除けるものなら・・・・・

この病気を克服されたヨーキーちゃんがいることを知り、その方のHPへ訪問させていただきました。
その子の名前は「マロンちゃん」
マロンちゃんも今年1月から2月に掛けて2度の手術をして、今では元気に走り回っているとママさんからお聞きし、とても勇気づけられました。
本当に自分事のように心配してもらい、いろんな不安を取り除いてもらいました。
この場を借りて、お礼をさせていただきます。

本当にありがとうございました。



 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
2009.06.12/ 12:28(Fri)
最近クッキーは食欲がなく、季節の変わり目。。梅雨のせいなのか。。それとも気管虚脱がひどくなったのか。
体重も減ってきたし、御飯はつぶつぶが食べ辛くなってる。
今週からふやかしの御飯を食べている。
いつ頃からだったか、一気に食べていたのが一日かかって食べるようになって・・・・
走り回らなくなってどのくらい経つだろう。
声を失ってからどれくらい経つだろう。
小さいのにおっきな荷物をしょってしまったクッキー。
一生この子はこのままだと思っていた。まだ5歳にならないというのに・・・・

まだ日本の獣医では「気管虚脱」の手術を進んでしてくれるところはないし、

それに、ほとんどの獣医では内科的治療を進めているのが現状。

だけれど、「気管虚脱」は内科的治療では治せない。

症状は進むだけで・・・飼い主は、ただ愛犬の苦しむ姿を見守しかないんです。

でも一筋の希望が・・・・・2006_0126(002).jpg2006_1207(016).jpg
2006_0817(032).jpg




今日やっと気管虚脱を治せるという病院のHPにたどり着くことが出来た。
HPの先生の手術方法など読んで、もしかして、クッキーも治るかもしれない。
手術を受けた子達のHPへも行った。
涙があふれてきた。
本当に走り回るクッキーを見れるかもしれない。
藁にもすがる思いで電話を。
今までのクッキーの治療のこと、現在の様子、親身に聞いてくださった。
去年行った「日本道物高度医療センター」で撮ったレントゲンを見てから・・・・と言う先生の返事だった。
何も手につかない・・・・後はどうにか治るよう治療が出来る状態であるよう祈るだけ・・・・・・・・・・・
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
 
 
Copyright © 2020 ヨーキーと雑魚寝♪, all rights reserved.